2018.11.27

手に優しいコルク

こんにちは。浜松市南区の自転車屋さんbicycleNOUERCAFEです。

 

NOUERCAFEではVeloORANGEのサイクルアイテムを扱っています。ツーリング系のパーツを主に扱うブランドですが、少しクラシックな雰囲気が好きな人にはちょっと気になる仕上げになっています。シルバー系のパーツが減った昨今では特に目を引く気がします。私は、スチールバイクが好きだから金属らしさが生きたパーツに魅かれます。そういう意味では、機械好きとも言えます。自動車のエンジンを構成するパーツなんかも大好きですね。手にとって眺めているだけで、珈琲が美味しくなる気がします。

 

さて、前置きはこれぐらいで。

 

下の写真は、コルクのグリップです。フラットバー用ですね。私もスポーツバイクに乗り始めた当時は、フラットバーを使ってました。完成車の状態で付いていたのは、ブランドロゴの入ったゴム素材のもの。時期に手のひらに痛みを覚えるように。表面の違う同じゴム素材のものを一つ二つ使ってみましたが、しっくりしませんでした。まだ乗り方が下手で、ハンドルにかなり体重を預けてたのも原因かもしれません。そこで、スポンジ素材のものを使ってみました。柔らかくて痛みはありませんでした。反対に、変形する感じが頼りなく思えました。目地に埃が詰まってザラつく感じもいまいちな印象。屋外で手に触れる部位に使う素材じゃなさそうです。そうしてたどり着いたのが、コルクでした。(やっと、結論が出てきました!)手に優しい、それでいてしっかりしたグリップ感。肌で触れるグリップ素材としては、私のイチ押しです。VeloORANGEのものは、円筒形で握りに合わせた面構成になっています。ネットなんかで探すと、ストレートな筒型だったり、手のひらを置けるように(エルゴノミックとよく呼ばれています)平面を付加した形状のものなど、いろいろあります。

 

コルク。一度お試しになってみてはいかがでしょうか。