2019.04.27

オーダーフレームの世界

こんにちは。浜松市南区の自転車屋さんbicycleNOUERCAFEです。

少し前にもご紹介しました、CHERUBIMの自転車です。

自転車の情報に触れていれば自ずと知れるハンドメイドビルダー今野真一さん手がける『至高の一品』です。誤解なきよう触れておきますが、この一台だけが至高の一品なわけではありません。全てのオーナーさんにとって、その一台が(複数台お持ちの人はそれぞれが)至高の一品です。

至高≠高級品ではありません。何と言うのでしょう、自身が認めるそのものの価値って、値段じゃないですよね。前にも高級品≠一流品ではないという話を書いた覚えがありますが、そういうことです。

一流の職人さんが一つひとつ心を込めて手で作ってくれたその一本。眺めているだけで、そのフレームを前にしてトーチを手にするビルダーの姿が目に浮かびます。

オーダーですから、ネームや装飾を入れたり、あるいはこだわりのカラーリングに仕上げたりも出来ます。当然、サイズはジャストです。身体寸法にジャストなだけでなく好みの乗り味にもジャストです。そういう所は、時間を惜しまずじっくりとお話をさせていただきます。イメージしてたのと違う!ていうのは悲しいですからね。

でも一つだけ。カラーリングなどはデザイナーさんにある程度お任せしたほうが綺麗に仕上がる場合もあります。これは世界で指折りの高級車メーカーであったお話ですが、内装にこだわりの色指定をして、デザイナーから『本当にこれでいいのか?』との問い合わせもあって、その通りに出来上がった車をみたら、びっくり仰天!なんだこれは・・・ていうのもあるそうです。カラーリングって、難しいですね。

でも、まあそれも楽しみといえば、そう言えるかもしれません。

乗って感動したこととか語り出すとエンドレスなので、ご興味があればぜひお店でお話しましょう。いつか、気持ちが傾いて、オーダーをいただけたら嬉しいです。

いっしょに自転車の世界を楽しみましょう。