2019.05.30

自転車用ライトのお話

こんにちは。浜松市南区高塚町、街の自転車屋さんNOUERCAFEです。

自転車にはライト(ランプ)が装備されています。もっとも一般的に知られているのがダイナモランプというタイプで、ランプ本体に発電機が内臓され走行するタイヤにローラーを接触させて電気を起こすものです。

それに対して近年普及してきているのがオートライトと呼ばれるタイプで、ライトもデザインに工夫されたものが多くなっています。

下は、TOTEBOXの砲弾型ライト。自転車用ライトの中では人気のあるカタチです。

前カゴを付けたりすると、ちょっとだけオシャレ度が下がってしまうところが悩ましいスタイルですね。背中から出てる線が、発電機につながる線です。その発電機が、また下の写真。

前車輪の中心部分です。ハブ・ダイナモといって、タイヤと一緒にココが回転することで電気を起こします。発電機とライト本体が別になっていることで、デザインに自由度が生まれます。オシャレなカタチだけでなく、灯りが照らす範囲をコントロールするためにデザインされたものも多いです。通学車に採用されているものが代表例です。かなり普及している仕組みですが、まだ知らない人も少なくありません。

最新の電動アシスト自転車だと、この『ハブ』がモーター&発電機になっていて、アシストパワーを使わなくていい時(下り坂や制動時など)に発電機となって、バッテリーに補充電してくれるものもあります。

また、『オートライト』と呼ばれるように明かりセンサーによって周囲が暗くなると自動的に点灯してくれるので便利です。ただ、最近の道路は明るいところが多いからか、自転車の転倒等で故障していても気が付かない方も見受けられます。

今言った明かりセンサーは、スライドスイッチで目隠しすることができるので、日中を含めて常時点灯で使うことも可能です。今は、自動車もデイタイムライトと言って昼でもライトをつけることが普及してきています。自転車も、ライトを使って上手にその存在をアピールしたいところです。『わたし、ココにいます!』というアピールを。