2018.07.19

想い

私は今日、ひとつの経験から、

あることを学びました。

社会ではよく、

著作権にまつわる争いごとが起きますが

それは決して、権利とか利益とかの問題ではないのだな。

という事です。

それは二次的なことであって

一番根っこにあるのは、

想いなんだ。

そう気付きました。

自分が産んだ、作品への想い。

誰よりも強い想い。

言葉を、尽くしても尽くしても

本人にしか分からない、深い想い。

それがあるからこそ

扱われ方によって激しく感情を揺さぶられる。

ドラマなんて陳腐な言葉では表せない

人間同士の交わりです。