2018.11.09

前向きな言葉

こんにちは。浜松市南区の自転車屋さん、bicycle NOUERCAFEです。

昨日臨時休業を頂きまして、ありがとうございました。

訳あって自宅の大掃除をしていたら以前に取り置いておいた新聞の切り抜きが出てきました。私は新聞で感銘を受けた記事があると、よくそのままそのページを抜いて折りたたんでクリアフォルダに挟んで取って置く癖があります。

今日はその中から、その時にマーカーをひいてあった言葉を紹介します。

記事は2017年12月18日。日経本誌上で毎週月曜日に掲載される『Woman&Work』よりウーマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれたお二人のお言葉です。

注釈はしません。それぞれにそれぞれのままに受け取ってください。

『失敗はその可能性を検証した成果』

『考えようと思うのではなく、好きだから考えていると解決策が浮かぶ』

『この研究はギャンブルではなく、投資だ』

『ほらちょっとずつだけど確かに進んでいる』

ポーラ化成工業 末延則子さん <シワ改善効果の医薬部外品開発>

『誰もやっていないから、やるんだ』

『地味は美しい』

『考えなくなると言い訳をしだす。考えていれば否定ではなく提案ができる』

コミュニティ ナースカンパニー 代表 矢田明子さん <まちを健康にする看護師>

 

インタビュー記事を読んでみたい方はお店までどうぞ。