2018.11.17

はじめてのスポーツバイク(2)

こんにちは。浜松市南区の自転車屋さんbicycleNOUERCAFEです。

昨日の続きです。

写真は、車輪の部品です。車軸とそれを支えるベアリング部品ですね。

 

昨日は、納車当日それに乗って自宅まで帰ったというお話までしました。

 

大阪から神戸・明石までは、国道2号線をひた走れば平坦だし、どうということはないのですが、自宅のあるところは高台になっていて、数百メートル、勾配にして5%ないぐらいなのですが、そこが何と、踏んでも踏んでも進まないしフラフラするしで大変でした。今でこそ10%を超える坂道でも(遅いですが)平気で登る私でも、最初はそんなでした。乗るのがあまりにも楽しくて、駐輪許可証まで取得して自転車通勤もしました。2輪での通勤は就業規則違反なので『事故だけは起こすな』とだけクギをさされて。

 

乗り始めると、じきにお尻が痛くなりました。これがどうやら『サドルが合わない』という現象だな、はは〜ん。という感じでさっそくサドルを交換しました。今でもお気に入りのモノに辿り着くまで、3回変えました。本屋さんでメンテナンスガイドのようなものを買って来て、あちこちいじりだしました。何だか調子が変になってしまって慌てたこともありましたね。ハンドルも、最初のそれはフラットバーだったのですが、基本がロードバイクの作りだったので、しばらく乗ったあと、ドロップハンドルに変えました。技術系の仕事に就いてきた関係もあってか、何でも自分でいじりました。それが、今の基礎になっていることは間違いありません。技術屋さんにとって、構造と仕組みが分かって道具があれば、大抵のことは出来るものです。そういうお客さまもたくさん見てきました。機械加工の出来る人なんか、びっくりするような自作パーツを使ったりされます。聞くと、『会社で作った』って仰いますが大したものです。何か機械を作っている人って、パーツを作るそのアイデアも素晴らしいです。時々無茶な改造して『とりあえず動くからOK』なんて。そういう割り切りも、面白い。そしてそういう人は、安全に関わるかどうかという判断も案外適切に出来るんですね。危ないと思うことは、出来てもあえてやりません。

 

さて、少し話がそれました。ハンドルを変えたころ、ペダルも、ビンディングタイプに変えました。自宅の脇の小道で練習しました。通勤途中で立ちごけなんて、はずかしい経験も何度か。いつだったか、ステップインに失敗して向こう脛に怪我をしました。傷口を絆創膏で手当してそのまま仕事して、まではよかったのですが、絆創膏を貼り替えようとしたら。ご想像の通り。痛くてとても剥がせないよ〜〜です(笑)。あーそうか、選手のスネ毛がないのはこういう訳なんだ。と妙に納得。その晩、お風呂で剃り上げました。以来10数年、スネ毛のお手入れは毎晩の日課になっています。

 

思い起こせば、当時はどんな服装、スタイルで乗っていたか。今でこそレーシングスーツを着て乗る私ですが、何というか、当時の自分を思い出すと、赤面しそうな姿をしていたように思います。何だか妙に力の入った、スポーティーともカジュアルともいえない格好。頑張ってたんですね。素人なりに。それを思うと今は、情報もたくさんあるし、商品もたくさんあります。自転車の楽しみ方が多様になりました。アフターパーツもどれだけあることか。毎晩のようにネットで物色してる方もおられるのではないでしょうか。何でもネットで購入できる時代です。しかも安い!

 

今日も長いですねー。

 

さて、自転車の楽しみ方は3つ。と私は常々申し上げております。

『乗る』『見る』『いじる』

です(笑)。

 

これについては、また今度。