2018.12.29

陽光の中で気持ちを整える

こんにちは。みんなの街の自転車屋さんbicycleNOUERCAFEです。

NOUERCAFEは、ここ浜松市は南区高塚町という地方都市の隅っこで営業しています。商業的には決して明るい場所ではありません。ですが私にとっては生まれ育った大切な場所。昔あったような(今でもあります)街の自転車屋さんをもう一度定義し直すつもりでやっています。

自動車が一人一台というような街でも自転車を利用する人は多いです。自転車は体にもいいですし。ちょっと余談ですが、先日、自転車で継続的に運動するようになって腰の持病が治ったというお話を伺いました。体幹がしっかりして代謝もよくなったようです。食事を制限したりするとそれがストレスとなってむくみが出たりしてよくないというお話も。しっかり食べて適度に体を動かす。良く聞く言葉ですがやはり大切なようです。お天道さまの下で体を温めることも大切ではないかと。

NOUERCAFEは、東面に大きな窓をつけていただいたおかげで、お天気の良い日は朝、とても暖かいです。明るくて気持ちも華やぎます。その陽だまりの中で、珈琲を片手に、しばしくつろぐと、自然と気持ちが整ってきます。想像ですが、そういう時は自律神経のバランスも整うんだろうと思われます。

私感ではありますが、私は、所謂お家を立てる向きについては、東向きもしくは南東向きが好きです。南東向きでやや深めの庇があると、寒い冬は朝からお部屋の奥まで日差しが届き暖かく、暑い夏はお昼には日陰になり厳しい西陽も届きません。そういうお部屋に住んだ経験があるので、そういう考えを持つようになりました。

最初の話に戻りますが、これからの社会は、もう一度『小商い』が栄えるほうがいいと、私も感じます。地域で地元で、地域の人々と一緒に支え合えるような世の中がいいと想います。ショッピングモールは確かになんでも揃って便利です。それはそれであると暮らしが豊かになるでしょう。でも、小さなお店が果たす役割は、別にあるのではないでしょうか。そんなことも考えながら、私は、ここで頑張っていこうと想います。

人としてのありかたを、いつもどこかで考えてゆこうと想います。