2019.01.19

大きな夢を持ち続けなさい

こんにちは。浜松市南区の自転車屋さんbicycleNOUERCAFEです。

NOUERCAFEでは、ロードバイクだけでなく通学車などの点検整備や修理をしっかりとやっていきます。気軽に相談できる街の自転車屋さんって、今減っていると思うんです。困った時、住む場所の近くに頼る場所があるって大切だと思います。顔が見える、ってことが大事ではないかと。みんなに愛される場所となるよう、少しづつ少しづつ、NOUERCAFEを育ててゆこうと思います。

今日は、18歳の青年がロードバイクに乗ってやってきました。すぐ近くに住んでいらっしゃるのですが、ご来店は初めてということです。お話をすれば、うん!よく集まってるよね!のお仲間でした。実業団で競技に取り組んでおられるとのこと。頼もしいです。そして、かっこいいです。

その彼と、将来のお話などもしました。

来春以降は公務員を目指して進学するそうです。プロで走るという夢も、夢として持ち続けているような雰囲気でした。挑戦するチャンスに恵まれるといいですね。ずーと先には、NOUERCAFEみたいな場所も持ちたいとも。進路を決めるにあたっても、ずいぶんと悩んだみたいです。その悩みは、きっと今でも心のどこかに引きずっているのだと思います。『未練』というと、あまりいいイメージないかもしれませんが、私は、未だ果たせない想いとしていい方向に捉えてもいいと思います。

何ができるわけではありませんが、私はその彼に大丈夫とだけ言っておきました。何かを始めるのに遅すぎるなどということは、絶対にない。とも。

どこでどんな仕事に就こうと、無駄になることなどひとつもありません。ただ、どんな仕事であっても、ぼんやり過ごすのと、知恵を使って懸命に取り組むのとでは、40ぐらいになってから、はっきり差が出るよ。とは伝えました。

働き方改革とか、言われる昨今ですが、ただただ勢いで働けるのは若い時だけです。そういうがむしゃらな生き方まで削り取らないで欲しいな〜なんて、オジサンは思います。失敗ですら、そのまま見守るぐらいの社会でないと、などとも。

私も、今でこそこうして自分の居場所を手に入れましたが、たくさん悩んで、たくさん寄り道して、そうして今があります。今だって、このやり方でいいのか?と悩みは尽きません。

これから社会に出てゆく若者。すでに社会に出て歩んでいる若者。前を向いている人もいれば、うつむいてしまっている人もいることでしょう。

そんな若者たちに、NOUERCAFEからエールを送りたいと想います。

想いを閉ざさないで。赤々と、こころの奥底でその想いを燃やし続けてください。想いは、必ず叶います。きっと叶います。だから、想い続けてください。いつまでも。大きく燃え上がる、その時まで。