2019.02.09

ありのままを受け止める

こんにちは。浜松市南区の自転車屋さんbicycleNOUERCAFEです。

NOUERCAFEには、大変ありがたいことに、色々な人が訪れます。

自分で言うのも何ですが、不思議な自転車屋さんです。

動物写真家である岩合光昭さんをご存知でしょうか?

猫好きなら知らない人はいないとまで言えるぐらい、著名な写真家です。NHKの番組『岩合光昭の世界ネコ歩き』でも有名ですね。その岩合さんが『ねことじいちゃん』という映画制作で監督をなさったということで、雑誌『大人のおしゃれ手帖』にインタビュー記事が出ていました。

その中で、岩合さんは『動物に学ぶということはない』ということ発言をされています。違いを認めありのままを受け止める、という感じなのだそうです。

うん。これって、人間同士でも言えることですね。

それを自然な形で出来るって、すごいことだと想います。

番組を見ていると、本当に不思議なくらい岩合さんの側には猫が寄ってきます。知らない街の知らないヒトとネコ。とてもそんな風には見えません。『やあ、久しぶり』ぐらいの感じに見えます。実際岩合さんは『やあ、こんにちは』って声を掛けます。

加えて、あの番組に出てくる街の人たちはみな、猫に対して『やあ、元気かい?』という空気を持っています。海外では、知らない街の旅人にも『やあ!』という感じの接し方をする人をよく見かけますよね。

あのスタイルも、いってみれば『あるがままを受け止める』かたちだと想います。

NOUERCAFEも、そんな空気を持った場所でありたいと想います。