2019.03.26

森町ツーリズムを体験してきました

こんにちは。浜松市南区の自転車屋さんbicycleNOUERCAFEです。

日曜日、森町まで足を伸ばして自転車に乗ってきました。以前に、森町ではサイクリストを誘致したいという想いで、バイクラックを竹で組んで設置したり、PRの動画を作ったりしている、というお話を伺ってました。気にはなっていたのですが、ようやく訪れてこの目で見てくることができました。

私が訪れたのは、写真にある『半夏生の小径』という場所。

ツーリングの二輪車が、次々と通り過ぎてゆく大通りの傍に、杭の先に付けた小さな標識『サイクルツーリング』というのを見つけて、集落の間をぬってトコトコと、途中『A,B,C』ルートの分岐点をAに沿ってさらに登った所に現れた『半夏生の小径』なる標識。駐車場の傍に、それはありました。

稲穂が掛かっていても不思議でない、その佇まい。この場所に、金属パイプでもない、木の角材でもない、『竹』を選んだその想いに共感です。

山あいの小径を、静かに静かにペダルを回す。自然を体いっぱいに受け止めて過ごす贅沢な時間を過ごすことができました。

街中をなるべく通らずに、都田から天竜を抜け森町まで、およそ2時間。

森町の市街地を抜けた所に、『アクティ森』という観光施設があって、そこではマウンテンバイクの貸し出しもやっています。駐車場も広いですから『パーク&ライド』も楽しめます。