2019.04.23

街の歩き方について

こんにちは。浜松市南区の自転車屋さんbicycleNOUERCAFEです。

先週、都内で発生した痛ましい事故に触れたばかりなのにまたそんなお話をしなければなりません。

私も長く神戸市に暮らしていたので、現場の様子は手に取るようにわかります。第一報を見ていろいろと想像しました。そのことを書きます。

私の推測は、こうです。運転手さんは、発進するつもりはなく証言どおりにブレーキを踏みながら、何か別の事をしていた。おそらく手元足元に気を取られ前は見てないでしょう。私も経験がありますが、ブレーキを踏んでいるつもりでも上体を捻ったりするほどの事をすると、ペダルを踏む力が緩んで車がジワリと動き出すことがあります。バスのエンジンは、おそらく低速トルクが大きくて乗客のいない状態だと比較的簡単にクリープするんじゃないかと思います。何事か用事が済んで『さて』と顔をあげた時は、もう。という事ではなかったかと、私はそう想像します。ハンドルを右にきっていた、ということですから、バスの停車位置から車線に復帰しようとした行為が伺えます。後続車両が見えたか、信号が変わるな、と判断したかして発進するのを止めて、その待ち時間に何かをかたずけようとしてしまった。その不注意な行動がいけなかった。私たちも信号待ちで、よく横を向いたり下を向いたりして何かしようとしますよね。あれ、とても危険です。後ろを振り返るようなのは最も危険です。コインパーキングの出口で精算機に手を伸ばすのもかなり危ないです。必ずパーキングブレーキを掛けてからにしてください。もちろんブレーキペダルも踏んでいてください。誤操作を招くおそれもあるので、シフターは『D』のままでもいいでしょう。

あの交差点、横断歩道のところで、左に曲がっています。バスが中央分離帯に衝突したのは、そのせいでしょう。

車も、所詮は人が動かす乗り物です。大きさにもよりますが、今回のようにクリープ速度でも、人と衝突すれば結果は重大です。むしろ跳ね上げないで下に巻き込んでしまうのでかえってハイリスクかもしれません。私たちは、なぜ長い時間を多額の費用を掛けて運転免許を取得するのか、なぜ車の運転には免許を必要としているのか、もう一度よく考えるべきかもしれません。それほどに。危険な行為だということです。危険運転という罪状がありますが、車の運転という行為そのものが、本来、危険な行為なのです。

長くなりますが、もう少し書きます。

犠牲となった方のことは、本当に痛ましく、ご冥福をお祈りします。残された家族の悲しみは、おもんばかる余地もないほど深いものかと思います。

そんな想いで、街を歩くときに気をつけて欲しいことがあります。

信号待ちをする時は、出来るだけ歩道の奥に立ってください。車に突っ込まれて跳ねられるリスクを少しでも下げるためです。どんなに急いでいても車道の際に立ったりしないことです。

信号が変わっても、一呼吸置いてから横断をはじめてください。余裕があれば、全ての車がしっかり止まったのを見てから。全赤で突っ込んでくる車も多いですし、停車列に後ろから追突したはずみで前の車が飛んでくることもありえます。

青信号で進む車にも、よく注意を向けてください。右左折車は特に危険です。歩行者のすぐ脇をすり抜けていくようなドライバーも多いですから。当然『右直事故』による巻き込みも危険です。

こんなこと列挙してゆくと、怖くて街なんか歩けませんね。本当に。

前述のことを踏まえて言いますが、スマホを見つめながらの横断なんてあまりにも無防備です。

疑って疑って、それでもなお疑って歩いても足りないぐらいの、そんな世の中なのかもしれません。嫌ですね。道路交通は本来、相互信頼の上に成り立っているはずです。それが成り立たなくなっている。

先日の上海モーターショーで、こんな車が出品されていたそうです。私も応援するジャーナリスト国沢さんのサイトから流用させていただきます。

こんな風に、いつも笑顔で街を歩けるように、願ってやみません。