2019.04.30

改元の時に生きて

こんにちは。浜松市南区の自転車屋さんbicycleNOUERCAFEです。

今日で、天皇皇后両陛下が退位されます。

象徴天皇としての功績については各メディアの伝えるところに明らかですし、国民一人ひとりが感じたまま胸の内に抱けばよいことです。

退位を巡って天皇がお言葉を明らかにされて以来、各方面から様々な意見が出されました。戦争の経験から、天皇を『神』としての存在から『人間』として見直すようになりました。天皇とて、一人の国民です。決して特別な存在ではなく、常に国民の一人として国民に寄り添ってこられました。

天皇は、非常に多くの国事行為に携わっておりますが、皇室という存在を、もう少し政治から切り離して、『人』らしく、より国民にとって身近な存在とする考え方をしてもいいのではないかと、私は思います。人として、もっと自由であって欲しいと願います。

政治に関与しない、といいながらも政治に縛られている雰囲気を強く感じるから。

今一度、象徴天皇とは?『象徴』するって何?と私たち国民も考えたいところです。国を代表する、という意味では、私たち国民一人ひとりも同じです。日本人以外の人から見れば、私たち一人ひとりの言動は、そのまま日本を象徴します。

強く優しい天皇のお姿を、私たち一人ひとりが良きお手本としたい。そう感じます。