2019.05.02

徳仁天皇ご即位のお言葉を読んで

こんにちは。浜松市南区の自転車屋さんbicycleNOUERCAFEです。

今上天皇ご即位にあたってのお言葉を読んで、心に思ったことを。

気に掛かったことは、『憲法にのっとり』という言葉でした。上皇さまが平成の天皇として即位されたときにもそう述べたと解説にありましたが、そのお言葉に、象徴天皇としての、不自由さを感じました。その一挙手一投足が、政治の世界から監視されヒョーロン家のみなさんからは、あれこれ言われ、一つひとつ本当に気を遣うことだろうと思います。

国民とともにある皇室としては、本当にこれでいいのだろうかと想います。

戦後処理の過程において、政教分離のため、憲法第一条において『天皇』を規定したその流れが、未だに我々を縛っている。憲法を変えよと言うつもりはありません。ただ、一国民、一人の人間としての天皇あるいは上皇を信じれば、やれ二重権力だどうだといって、生前退位を退けることもなかろうとも思うのです。公務の在り方にしたって、皇室の中でもっと分担してもいいと思います。

我々国民の中には、未だ、天皇という存在を『神』とは言わないまでも、どこか特殊な存在として偶像化しているところがあるようにも思います。

またその他に、上皇さまが成してこられたことを引き継ぐという御意志に、時代が変わる、のではなく、時代は引き継がれ連綿と繋がってゆくのだという想いを感じました。人の人生も同じ。幼少の時代から、様々な経験を、失敗を含め、積み重ねて今がある。決して断ち切れるものはなく、全てを内包した形として今の自分があります。

前を向くのは大事なことですが、後ろを断ち切ってはいけない。

朝刊に、象徴天皇の在り方については、我々国民が考えるべきことであるとの論説がありました。その通りだと、私も共感しました。

SNSの時代。皇室の在り方について、国民一人ひとりが自分ごととして考え、議論が進んでもいいように思います。上皇さまが生前退位をお言葉にして以来、政治やその周辺で随分議論されたようですが、同じことについて、国民的議論が沸き起こってもよいのではないか。そんな想いもします。

皇室が、国民とともにあるのなら、我々国民は、皇室や政治に対してもっと声をあげてもいいのでないかと思います。

明仁上皇さまが、成してこられた足跡を、私たちも学び直し、徳仁天皇さまとともに自己を研さんしつつ、次の時代を作りあげてゆかねばなりません。

国を動かすほどのことは出来ずとも、自分の周りの何かを、あるいは自分の生き方を作ってゆくことは、誰にでも出来るはずです。