2019.05.09

運転という行為について

こんにちは。浜松市南区の自転車屋さんbicycleNOUERCAFEです。

NOUERCAFEは、思いやり運転の推進を心がけております。己以外の誰かを思いやることで、自然とそこに緊張感と責任感が生まれるはずなんです。

大津で幼い命が犠牲となった事故。同じような痛ましい事故は、毎日どこかで繰り返されています。その度に繰り返される言葉『ペダルを踏み間違えた』『前を見てなかった』『ボーッとしてた』・・・

漫然、不注意、軽率、・・・

報道を見るたびに、自動車の運転を軽んじる姿が思い浮かぶと同時に、なぜ減らせない?という疑問が頭を巡ります。

なぜ?あるいはタラレバは、いくらでも思い浮かびますが、ここでは自転車の立場を考えたいと思います。

右直事故というのは、昔から一定の割合で起きます。自転車で交差点を直進しようとする場合も同様に、右折車と対峙することになります。私がよくお会いするのは、後ろに自動車が来ていない場合に右折動作を始めるドライバーさんです。これ、こちらを待つつもりがあるのかどうか判断できず、非常にこわい思いをします。

右折車ありの状況で、自分の周りに直進車の姿が見えない時は、要注意です。できれば右手をあげて『来るな!待て』の合図をしてあげたほうがいいです。腰を上げて加速する仕草をするだけでも効果あると思います。

交差点の通過に関しては、自動車との並進はしないこと。危ないです。私は一度、方向指示器なしでいきなり左折を始めた軽のワンボックスに巻き込まれた経験があります。今でも忘れません。サンバーディアスワゴンクラシックのベージュでした。さっさと逃げられてしまいましたが。幸い信号が変わって直ぐの速度が出ていない状況だったので、引きずり倒されただけのかすり傷で済みました。場所は神戸市内の2号線。ポートタワーホテル前の交差点でした。

以来、私は交差点およびその前後では、自動車と並ぶことを避けています。信号待ちも車の後ろに自分のスペースを確保して待ちます。(これに気を悪くするドライバーもいます。その時は明らかな進路妨害に会いました。)よほど長い渋滞でなければ、すり抜けはしません。動きはじめたら目の前の車のテールライトに注意です。後ろに自転車がいることに気づかないドライバーは、曲がり始めるまで方向指示器は出しません。歩行者待ちで急に止まることもあります。あらゆる事態を予測しましょう。

 

交差点は『魔界』です。体中の毛を逆だてる勢いで注意をはらいましょう。

 

右折車に対しては、前走の車から少し距離をとるといいでしょう。その方がドライバーから見えやすいはずです。具体的な手段は、その都度変わるとは思いますが、要は『自転車が、私は、ココにいるぞ!』と存在をアピールすることです。

そしてもう一つ。待ってもらった、譲ってもらった、ら、手をあげて『サンキュー』を返すこと。手信号やアイコンタクト(視線を向けるだけでも相手がどうしようとしているのか案外わかるものです)を活用して、お互いにコミュニケーションをとることが大事でしょう。人と人のお付き合いと同じです。分かるだろう、は通じません。いつも言うことですが、道路交通の安全は、相互信頼なくしては成り立ちません。

痛い経験はしないに越したことはありません。経験や事例から学びましょう。