2019.05.18

辞書をひいてますか?

こんにちは。浜松市南区の自転車屋さんbicycleNOUERCAFEです。

NOUERCAFEでは、日頃から言葉を大切にしています。もちろん、私自身いうほどの教養はありませんので、不適切な言葉遣いをしてしまうことも多いですし、時には人の心に突き刺さるような言葉を、そうとは気付かず投げてしまっていることもあるはずです。言葉は、いったん口にしたら二度と取り消すことは出来ません。たとえ真摯に謝ったとしても、受け止めた人の心には、そのまま残り続けます。

また、不適当な言葉使いというのもあります。どの国の言葉にもあることだと思いますが、自身が本当に伝えたかったことと違う感覚で受け取られてしまうことがあります。言葉選びの難しさですね。

想いを伝えることの難しさ。

顔の見えないコミュニケーションでは、さらに難しくなります。

先日でしたか、ニュースで、海外からの旅行者向けに多言語で表された『案内』に誤訳が目立つ。という報道がありました。取材によると、インターネットの翻訳サービスを使い、専門家に見てもらうこともなく作成した。とか。

いい大人がそれですか?という感想です。

何も、専門家に見てもらう必要はないんじゃないでしょうか。辞書をひいて確認すればその言葉が適当かどうか、おおよその判断は出来るかと思います。公共の案内として厳密に言葉を選ぶべき、ということであれば最初から外部に依頼したほうがいいでしょうし、自分で調べてみたけど自信がない、のであれば周りに声を掛けて意見を求めればいい。

私は本が好きなので、分からない言葉が出てくるとすぐに辞書を引きます。読めない漢字も案外多くて、教養のなさにがっくりします。最近の国語辞典は、カタカナが増えたように思います。反対に、古い言葉が見つからなかったりします。あっても、説明書きが数文字だったり。

また私も英語はダメなおじさんなので、google先生にはよくお世話になっています。が、必ず英和辞典をひいて確かめます。あるいは、日本語を入力していて、変換された数多の同音異義語に戸惑うことも多いですし、『この字はみんな読めるのか?』という見慣れない漢字にも戸惑います。パソコンが普及してからの文章の方が、難しい漢字が出てくる率が増えた気もします。

で、冒頭の質問です。

みなさん。近頃、辞書をひいていますか?

私は不勉強者でしたので、学生時代の辞書がまだキレイな状態で残ってます(大笑)