2019.05.25

体調管理に気をつけてください。

こんにちは。浜松市南区高塚の自転車屋さんNOUERCAFEです。

5月からもう真夏日だということで、体調を崩しておられる方もいらっしゃるかと想います。気候というのは、実は、生き物にとってたいへん厳しいものですね。これだけ暑い日が続くと、水辺の生き物たちや樹木たちは『夏が来た』と判断してしまうことでしょう。

すでに熱中症で体調を悪くした方が多数おられるということです。水分補給を十分にして、休養をしっかりとりましょう。何よりも『大丈夫だろう』などと思わないことです。『〜だろう』は、良い結果を招きません。常に『〜かもしれない』と危険予知をする習慣を身につけましょう。

NOUERCAFEには、『南アルプスの天然水』ウォーターサーバーを置いています。お近くを通る方は、ぜひ水分補給にご利用ください。5分休むだけでも違うと思います。お散歩途中の休憩場所として使っていただくことも、この場所の役割です。

健康のためにも、意識して水分を取ることは有効です。我々は概ね、常に水分が足りていないものです。胃腸の調子や、お肌の調子、もしかしたら自律神経の調子まで、そんなことが影響しているかもしれません。生き物の仕組みは分からないことだらけ。複雑なことほど、実は、単純なことの影響下にあるのではないでしょうか。

今回のお天気について、大陸から暖気が張り出しているとか聞きましたが、中国を中心とした東アジアの国々の都市化が進んで、上空の大気が暖まりやすくなっているのでは?と感じました。日本も都市部ではヒートアイランド現象が問題になって久しいですが、同様のことが、お隣の広大な国でそれが起きれば、その影響も小さくないだろうと思います。中緯度では西から大気が移動してきますから、ロシアや中国の東に位置する日本は、その大陸の気候変動の影響を大きく受けます。ユーラシア大陸の辺境に位置し、太平洋に面した日本の国土は、ものすごいエネルギーを持った、陸・海・大気に囲まれているわけです。

地球環境問題は昔から、『越境』が問題視されてきました。気候変動に対する意識には、もはや国境の概念が通じないのは明らかです。アポロ宇宙船で宇宙に飛び出した宇宙飛行士ニール・アームストロングは、小さな窓から眺めた地球を見て『地上に好き勝手に引かれた国境などみることはできない』と語りました。その胸中に想いを馳せようではありませんか。