2019.01.15

雑貨屋さんって減ってますか?

こんにちは。浜松市南区の自転車屋さんbicycleNOUERCAFEです。

本日ご来店いただいたお客さまが、最近雑貨屋さんが減りました。と仰ってました。私、買い物は好きですが、特に最近はぶらぶらすることも減ってしまって、あまり実感がなかったのですが、そうなんでしょうか。

みなさま、いかがお考えでしょうか。

もしそうなのだとしたら、なんだか寂しい話だと想います。

だって、雑貨屋さんって何だかワクワクしませんか?いろいろあって夢が広がる世界だと想うんです。あの店にはこんなもの。こっちのお店にはあんなもの。という具合に、ワクワクしながら街をめぐることがなくなってるわけですよね。

想像のひとつは、その『街』が『モール』に置き換わってる。そして百円ショップや大手文具店・書店などが、その役割を担っている。

そんな感じでしょうか。

結局は、便利を求めて、私たち自身がそういう社会を作っているんでしょうね。

インターネットには何でも揃っているし、私も、いろいろ買います。

雑誌やネットでは、毎日のように、暮らしを彩る素敵な商品が次々と目の前に提示されます。素敵!と思ったら、ネットショップで探して、ポチって押して次の日にはクロネコさんが届けてくれる。そういう暮らし。

でも、やっぱり私は、何かをこの手にとって、作り手の想いを想像しながら、店員さんと楽しくおしゃべりもしながら、ワクワクしながらお買い物をする方が楽しいな。って想います。

『これにします!』『わあ!ありがとう。』『どこに飾ろうかな』『こんな風にしたら、どう?』『それ、いいかも!』なんて。

そういう体験をする場所が減っているのなら、やっぱり寂しいと想います。