2018.11.24

高校時代

こんにちは。浜松市南区の自転車屋さんbicycleNOUERCAFEです。

 

昨日、県立浜松南高校の吹奏学部はまなんブラスさんのご訪問を受けました。

定期演奏会のプログラム冊子へ掲載する広告の打ち合わせです。

電話で掲載依頼のご相談を受け、母校ということもあって快諾した次第です。

訪れた、制服姿の青年を見て、何となく高校時代を思い出してしまいました。

 

高校時代は、そう、雨の日も何も関係なく自転車で通っていた時代です。

自転車が好き、という意識はありませんでしたけれど大事にしていたことだけはよく覚えています。思い起こせば、あの当時、もう少し大きいフレームサイズの同じ車種を写真などで見て『自分のよりカッコいいよなー』と体の大きい人を羨ましく思っていた自分がありました。つまりその当時から、自転車を、そういう目で見ていた訳ですね。何にも変わってないです。可笑しいですね。

ポジションの取り方が違うから、そのころ憧れたフレームサイズに近いものには、今、乗れています。背は大して変わってないですけど。

交通安全の面も含めて、もちろん社会的マナーも含めて、彼らが憧れるような、模範となるような、自転車乗りにならなければいけないとあらためて感じるしだいです。